サービス利用規約

Allxonサービス利用規約

 

Allxonサービス利用規約は、Allxon Inc.(以下「Allxon」といいます。)と本規約に同意する法人又は個人(以下「お客様」といいます。)との間で締結され、お客様による本サービスへのアクセス及び本サービスの利用に適用されます。本契約は、お客様の署名をもって効力を生じます。貴殿がお客様を代理して本契約を承諾する場合、貴殿は、以下のことを表明及び保証します。(i) 貴殿がお客様を本契約に拘束する完全な法的権限を有していること、(ii) 貴殿が本契約を読んだ上で本契約を理解していること、(iii) 貴殿がお客様を代理して本契約に同意すること。

 

1. サーバーレベルコミットメント

 

1.01. 定義
Allxonサービス利用規約には以下の定義が適用されます。


I. 「アップタイム」とは、正式な登録ユーザーがAllxonポータルにログインするためにAllxonサービスを利用できる状態をいいます。

II. 「予定ダウンタイム」とは、その開始より5営業日前までに、Allxonが本顧客に対してダウンタイムの期間を通知した場合のダウンタイムをいいます。

III. 「緊急メンテナンス」とは、公衆の安全、セキュリティ又は緊急事態を理由に必要とされる場合に任意の時点で行われるメンテナンスサポートをいい、その際にAllxonは、Allxonサービスの全部又は一部の可用性を一時的に制限又は停止することがあります。メンテナンスを予定ダウンタイムとして事前に計画することが合理的に不可能であった場合は、Allxonは、可能な限り速やかにお客様に通知すべく最善の努力をします。

IV. ソフトウェアアップデートとは、Allxonエージェント、Allxonポータル及び/又はウェブインターフェースのアップデート又はアップグレードをいいます。

V. 無料トライアルとは、所定の期間中に、Allxonが提供するAllxonの有料機能にお客様がアクセスできることをいいます。

 


1.02. Allxonサーバーの可用性レベル


Allxonは合理的なあらゆる努力をもって、お客様が1歴月のうち99.5%のレベルでAllxonポータルのウェブインターフェースにログインできるようにすることを約束します。これには予定ダウンタイム及び緊急メンテナンスの時間は含まれません。Allxonが本サービスを提供しなかったためにお客様がサービスを利用できないという問題が発生した場合は、お客様は、上記のサービスクレジットを受けることができます。

1.03. Allxonのサーバーレベルコミットメントには、お客様が使用するデバイス(ハードウェア又はソフトウェア)によって発生したダウンタイム、及びエンドポイントのインターネット接続の障害は含まれません。

1.04. サービスクレジットは、影響を受けた月の各翌月に計算され、金銭債権と合算するか、又はお客様に返金されます。1暦月中に発生したサービスの利用不能の期間全体についてAllxonがお客様に対して発行するサービスクレジットの総数は、影響を受けた月の合計請求金額の50%を上限とします。

 

2. データのバックアップ、データ保護及びデータ利用

 

2.01 データのバックアップ

お客様のデータは、高可用性とフェイルオーバーによる保護の両方を備えた冗長データベースクラスタに保存されます。万が一これらのシステムに障害が発生した場合は、Allxonは商業上合理的な努力をもって、お客様のデータを復旧します。データは、72時間以内に直近の夜間バックアップから復旧します。


すべてのデータの保存期間は、エントリーユーザーについては最長3カ月間、サブスクリプションプランがアンロックされたお客様については最長12カ月間とします。

2.02 お客様によるデータ保護の遵守

お客様は、Allxonが技術情報(お客様のデバイスによって生成されたログを含みますがこれに限りません。)を受領することを認めます。Allxonは、この仕組みを用いて個人データを収集することはありません。Allxonは、Allxonサービスの提供のみを行っています。Allxon DMSを使用するにあたり、情報処理とデータ保護に関する法律及び規制を遵守することはお客様側の責任です。

2.03 データ利用

Allxonのウェブサイトプラットフォーム(Allxonポータルなど)に置くことが認められるのは、Allxonが作成したパッケージのみであり、その容量はパッケージごとに8 GBを上限とします。本サービスの不正利用又は違反があった場合、Allxonは、本契約を解除する権利を留保します。

 

お客様は、Allxonの多数の顧客と比べて過度に大量のAPIコールやデータトラフィックを発生させてはなりません。スクリプトにおいて予期せぬスパイクやデータトラフィックの増加が生じた場合、又は設定ミスがあった場合、過度のAPIコール及びデータの利用が発生する可能性があります。Allxonは、お客様に相対的に過度の利用が生じたと判断した場合、お客様に通知した上で、お客様の利用パターンを細かくモニタリングします。お客様が過度の利用について通知を受けた後も、5日間にわたり過度のデータ利用を再開するか、又はいずれかの6カ月以内に3回を超えてその利用パターンが再発する場合、Allxonは、重大な違反を理由に本契約を解除する権利を留保します。

 

3. お客様の責任

 

お客様は、以下の責任を負います。

I. インターネットアクセスについては、お客様の責任とします。Allxonが所有又は運営していない接続(いずれかの第三者が提供したアプリケーションやソフトウェアを含みますがこれらに限りません。)の信頼性又はパフォーマンスについては、Allxonは責任を負いません。

II. お客様自身のパスワード及びアカウントのセキュリティのほか、Allxonサービスへのアクセス権を有するお客様の権限ある担当者に対する監督及び管理は、お客様の責任とします。お客様は、お客様の権限ある担当者でなくなった人について、当該人のアカウント及びパスワードに係る権利を取り消す必要があります。

III. Allxonを利用する際は、お客様は、サードパーティアプリケーションに、サービスに対して悪意のある動作や違法な動作が含まれていないことにつき責任を負います。さらに、知的財産権の侵害に起因し又は関連して、請求、費用、損失及び責任(合理的な弁護士報酬を含みます。)がAllxonに課され、発生し、又はいずれかの第三者から主張された場合は、お客様は、これら一切の請求、支出、損失及び責任について、Allxon、その関連会社及び従業員を補償、防御及び免責します。Allxonは、ウェブサイトプラットフォームのプロバイダーに過ぎないため、ウェブサイトプラットフォームでユーザーにより配付されるアプリケーションが第三者の知的財産権(著作権、商標権及び/又は特許権が含まれますがこれらに限りません。)を侵害しないことを保証しません。悪意のある動作が発生した場合、Allxonは、直ちにサービスを拒否し、当該悪意のあるアプリケーション、ソフトウェア、データ又は動作をブロック又は除去する権利を留保します。

IV. アップロードされたすべてのコンテンツについてはお客様の責任とし、お客様は、ウェブサイトプラットフォームを業務関連に限り利用することができますが、個人的なデータ保存の目的での利用は認められません。

V.
 お客様は、対象となるエッジデバイスにアップデート及びパッケージをデプロイする場合は常に、互換性を確保し、かつ、ウィルスに感染しないよう徹底する責任を負います。ユーザーがパッケージをデプロイしたことによってデバイスの損傷又は損害が発生した場合、Allxonは、これにつき責任を負いません。デプロイされたパッケージが原因で対象のエッジデバイスの動作が停止した場合、その損失及び費用はお客様ご自身の負担となります。


IV. サービスの可用性が途絶したときは、お客様は、可能な限り速やかにこれを報告する責任を負います。

V. お客様は、第1.01条第V項の定めに従いAllxonサービスクレジットを請求する責任を負います。

 

4. サポートレベルコミットメント

 

4.01. 定義

「テクニカルサポート」の対象は、Allxonが提供するサービスの異常な動作又は文書に記載のない動作に関するインシデントに限られます。このサポートレベルコミットメントにおいては、「本製品」とは、Allxonエージェントソフトウェア、Allxonポータル及びエージェントとポータルの間の接続をいい、「本サポート」には、アカウントの作成、デバイスの登録、並びに顧客の問題検証及びその応答が含まれます。

4.02.
 営業時間及び言語サポート

テクニカルサポートは、通常の営業日営業時間である月曜日から金曜日の台湾現地時間9:0018:00まで(ただし、台湾の公休日は除きます。)に予約したスケジュールに従って利用できます。

テクニカルサポートは、英語、中国語(標準語)及び日本語で行われます。

4.03. 問題の通報

I. セキュリティ上の理由から、Allxonとの連絡窓口として登録されたアカウントのみが、Allxonの提供するサポートシステムを介してインシデントを報告する権限を有します。

II. 問題を報告するときは、お客様は、報告対象の問題を適切に診断できるよう、可能な限り多くの詳細を知らせる必要があります。例えば、問題についての明確な説明、予想される行動の内容、(デバイスのシリアル番号を知らせることにより)報告対象の問題に関わるリソースの内容、問題を解決するために既に取った措置、問題が初めて発生した時期、及び報告対象の問題の重大度が含まれますがこれらに限りません。

III. 問題を報告するときは、必ず影響を受けたデバイスに電源を入れてインターネットに接続してください。

IV.
 ライセンス許諾製品の旧バージョンの問題が報告された場合は、Allxonは、その解決を試みる際に、調査を進める前にライセンス許諾ソフトウェアの入手可能な最新バージョンで対象イベントを再現するようお客様に依頼する場合があります。当該問題が最新バージョンでも依然として再現可能であり、次善策を取ることができない場合は、Allxonは、ライセンス許諾製品の最新バージョンに限り、ソフトウェアの修正(以下「ホットフィックス」ともいいます。)を提供します。

V. 報告された問題を調査する際に、Allxonが問題の特定の一助としてお客様のネットワークにテストプレイヤー・ソフトウェアを一時的に追加しなければならない場合があります。Allxonは、調査の結果発生した追加の帯域幅利用については責任を負いません。この追加の帯域幅利用は、アプリケーションのエラー報告の提出又はシステムログの検索(ただし、これらに限りません。)によって発生する可能性があります。

VI. テクニカルサポートは、認証されたデバイスモデル及びオペレーティングシステム(以下「OS」といいます。)にインストールされた本製品を対象とします。

VII. お客様が本製品について有用性の支援又はトレーニングを必要とする場合、Allxonは、追加料金にて、かつ、Allxonが対応可能であることを条件としてこれを提供することができます。


4.04.  応答時間

 

優先度 基準 応答時間
重大 サービスが利用できない。 1営業日
緊急 機能に影響があるか、又はパフォーマンスが著しく悪化したため、多くのユーザー又はプレイヤーに影響があり、合理的な次善策がない。 5営業日

 

4.05. サポートの例外

I. Allxon以外のインフラストラクチャの問題に起因するインシデントはテクニカルサポートの対象外です。例えば、コマンド関連の問題、ハードウェア関連の問題、ネットワーク関連の問題、及び/又はOS関連の問題が含まれますがこれらに限りません。

 

II. Allxonの文書に記載のある本製品のヘルプや本製品の有用性の問題はテクニカルサポートの対象外です。

 

4.06. お客様の責任

I. お客様の技術担当者は、Allxonに対し、インシデントの特定及び解決に役立つ適切かつ十分な情報(デバイスのシリアル番号、リリース、環境、OS、質問や問題の内容、診断情報、状況の説明、影響を受けたデバイスの番号、及び講じた措置を含みますがこれらに限られません。)のほか、要求に応じてエラーメッセージ、ファイル、スクリーンダンプなどの文書も提供します。

 

II. 連絡窓口として登録されたアカウントのみが、本製品のサポートを受けることができます。お客様は、連絡窓口の氏名、電子メールアドレス及び電話番号を提供することにより、適切な連絡窓口を登録する責任を負うほか、Allxonに申立てをすることで、第4.03条第I項の定めに従いアカウントの変更内容(すなわち、正式な権限のある連絡窓口の追加や削除、連絡先情報の更新)を伝える責任を負います。

 

III. インシデントに関与したシステム上で実行されているすべてのサードパーティアプリケーションについては、Allxonサポートに送付されるレポートに十分な詳細情報を開示しなければなりません。サードパーティアプリケーションがAllxonサービスを侵害しているとAllxonが判断する場合は、Allxonは、自らの裁量で当該インシデントの受理を拒むことができます。

 

IV. お客様は、Allxonがテクニカルサポートを実行するときに、Allxonがお客様のデバイスに現場で又は遠隔操作でアクセスする必要が生じる場合があることを認めます。お客様は、Allxonがテクニカルサポートを提供する際に必要とする支援及び協力を行うとともに、お客様のデバイスで使用されるサードパーティソフトウェアがAllxonのテクニカルサポートを妨げないよう徹底します。

 

V. Allxonからソフトウェアアップデートの通知を受領したときは、お客様は、Allxonが推奨する期間内にアップデートを承諾するものとします。Allxonが推奨する期間内にお客様がソフトウェアアップデートを完了しなかった場合、Allxonは、Allxonのサービスを最適化するために遠隔でソフトウェアアップデートを実行することがあります。

 

4.07. Allxonの責任

Allxonは、30日以内に以下を修正する権利を留保し、14日前にお客様に通知します。

I. 本製品の最低要件

II. Allxonクラウドによるサポートの対象外となったAllxonクライアントアプリケーション

III. Allxonサービス利用規約

IV. 上記の責任にはAllxonポータル/エージェントのアップデートは含まれません。

 

4.08. 標準サービス料金

すべてのサービス料金については、署名済みのAllxonとの正式契約書を参照してください。

 

5.01. サービスの利用

 

5.01. (1) アクセス

Allxonのサービスは、サブスクリプションベースで購入することができます。お客様は、Allxonに連絡して直接発注書を発行することにより、いつでも、自らの選択で無料サービスを有料のサブスクリプションサービスにアップグレードすることができます。サブスクリプションプラン、価格及びサブスクリプション条件に関する詳細については、署名済みのAllxonとの正式契約書を参照するか、又は直接Allxonにご連絡ください。サブスクリプション期間中は、Allxonはお客様に対し、本契約及び該当する注文書に定めるサブスクリプションサービスを利用するためのアクセス権を付与します。Allxonはお客様に対し、お客様のAllxonアカウントでのアクティベーションを支援することによりいつでも新規の無料サービスの利用を勧め、これを利用するためのアクセス権を付与することもあります。Allxonは、サブスクリプションサービスの全部又は一部の項目を第三者のサービスプロバイダーを介して提供することがあります。貴殿は、貴殿の関係ユーザーに対してサブスクリプションサービスのアクセス権を付与し、利用を認めること、又は注文書に基づき購入したコンサルティングサービスを当該関係ユーザーが受けることを認めることができます。ただし、貴殿の関係ユーザーによるこれらのアクセス、利用及び受領はすべて、本契約に準拠し、本契約を遵守することを条件とします。貴殿の関係者による本契約の遵守については、常に貴殿が引き続き責任を負います。

 

5.01. (2) 追加機能

お客様は、追加の注文書を発行するか、又はお客様のAllxonアカウントの中から追加機能をアクティベーションすることにより(このオプションがAllxonから提供される場合)、サブスクリプションサービスの追加機能を申し込むことができます。すべての追加注文書、及びお客様のAllxonアカウントの中からお客様がアクティベーションしたすべての追加機能にも本契約が適用されます。

 

5.01. (3) 制限

お客様に適用される制限は、お客様の注文書及び本契約に定められます。さらにこの制限の指定は、Allxonの無料サブスクリプションの対象である製品からのみ行うことができます。

18歳(ただし、貴殿が日本法の適用を受ける場合は20歳)以上のお客様のみ、サブスクリプションサービスを利用することができます。

 

5.01. (4) ダウングレード

お客様の発注書の条件によっては、お客様は、自らのサブスクリプションサービスをダウングレードすることができる場合があります。サブスクリプションのダウングレードは、次回の年次請求日又は月次請求日に発効します。

 

5.01. (5) 修正

Allxonは、お客様の体験の改善に向けた取り組みの一環として、特徴及び機能の追加又は削除など、サブスクリプションサービスを随時修正することがあります。Allxonは、14日前に(ただし必要な場合は30日以上前に)お客様に通知することで、本サービスを変更し、停止し、その提供を終了する権利を有しています。Allxonは、Allxonの公式ウェブサイトで変更内容を公表することにより、いつでも本利用規約を修正する権利も有しています。Allxonはほかにも、以下を送信することでお客様に通知することがあります。(a) 変更内容を記載した電子メール、又は (b) 変更内容を記載した公式ウェブサイトへのリンクを含めた電子メール。変更は、当該電子メール又はウェブサイトに従い、またここに記載されたスケジュールで効力を生じます。お客様は、自らの電子メールアドレスを正確かつ最新の状態に維持するため、Allxonの公式ウェブサイトを通じてこれを更新する義務を負い、また、上記方法がこの目的のためにAllxonが用いる通信手段であることを認めます。お客様の電子メールアドレスが最新の正確な状態に維持されていない場合、電子メールがお客様に届かない可能性がありますが、その場合でもお客様は本サービスの利用を引き続き継続する場合は変更に拘束されます。

 

5.01. (6) カスタマーサポート

お客様がAllxonの有料サブスクリプションサービスプランに加入している場合、Allxonは、専門のカスタマーサクセスチームのメンバーを指定してお客様から質問などの問い合わせがあった場合に対応させます。お客様は、カスタマーサクセスチームのメンバーと直接連絡を取ることができます。応答は通常の業務時間内に行われます。

 

5.01. (7) 禁止されている不正利用

以下のいずれかの場合には、Allxonは、お客様のアカウント及び/又は本サービスのアクセス権の全部又は一部を即時に終了又は停止することができます。(a) 本契約の条件に違反する方法でお客様がサブスクリプションサービスを利用した場合、(b) 違法であるか又はAllxonのサービス利用規約で禁じられた目的又は方法でお客様がサブスクリプションサービスを利用した場合、又は (c) お客様の居住国の法律に基づきお客様がサブスクリプションサービスを受領又は利用することが法的に禁じられた場合。

 

5.01. (8) 機密情報の禁止

お客様は、サブスクリプションサービスは秘密情報を処理又は管理するために作られたものではないことを認めます。したがって、お客様は、秘密情報の収集、管理又は処理を行うためにサブスクリプションサービスを利用しないことに同意します。Allxonは、秘密情報を収集、処理又は管理するためにお客様がサブスクリプションサービスを利用したために発生することのある賠償責任を負わず、当社は明示的にこの賠償責任を否認します。

 

5.01. (9) 無料トライアル

お客様が、Allxonが提供するプロモーションコードを登録することで無料のトライアルに招待されるか、又はAllxonが直接有効化した無料トライアルに招待された場合は、Allxonは、(a) 無料トライアル期間の終了時(中途で終了した場合は除きます。)と (b) 有料サブスクリプションの開始日のうち、いずれか早く到来する日までは、トライアルベースで該当のサブスクリプションサービスを無料でお客様に提供します。お客様が無料トライアルの終了前に該当のサブスクリプションサービスのサブスクリプションを購入した場合を除き、Allxonは、お客様が保存した本コンテンツへのアクセス権を取り消し、制限し、お客様が保存した本コンテンツを削除し、又はお客様のアカウントを終了する権利を留保します。

 

5.01. (10) レガシー製品

貴殿がAllxonのレガシー製品を所有している場合、当該製品に適用される機能及び制限の一部はAllxonユーザーマニュアルに記載されたものと異なる可能性があります。また、Allxonはいつでも自らの選択で当社のその時点で最新の製品に貴殿を移行させることがあります。

 

5.02. 料金

 

5.02. (1) サブスクリプションフィー

サブスクリプションフィーは、お客様のサブスクリプションの当初期間中は固定額とします。ただし、以下の場合はこの限りではありません。(i) お客様がログ収集1日当たり10 MB、及び/若しくはOTA移転あたり8 GBの上限、又はその他の適用ある制限(上記の「制限」の条項を参照してください。)を超える場合、(ii) お客様が製品又は基本パッケージをアップグレードする場合、(iii) お客様が追加の機能又は製品(追加のアドオン又は追加の連絡窓口を含みます。)を申し込む場合、(iv) その他の合意事項がお客様の注文書に記載されていた場合。Allxonは、自らの選択により、お客様に対する書面通知をもってお客様の料金を減額することもできます。

 

5.02. (2) 更新時の料金の調整

Allxonは、更新時に、当社のその時点で現行の定価を上限としてお客様の料金を増額することがあります。この増額がお客様に適用される場合は、Allxonは、お客様の更新の30日前までにお客様に通知し、次の更新期間の開始時に増額後の料金が適用されます。お客様がこの増額に同意しない場合、いずれの当事者も、下記「更新拒絶通知」の条項で求められる通知をすることにより、お客様のその時点における期間の終了時にお客様のサブスクリプションを終了させることを選択することができます。この期間は、Allxonポータル表示されたお客様のサブスクリプションプランの下に記載されています。

 

5.02. (3) 請求書に対する支払い

お客様が請求書に対する支払いを行う場合、当社は、サブスクリプション期間及びその後の各請求期間の開始時より90日前と、サブスクリプション期間中の料金が発生したときにお客様に請求を行います。請求金額は、その全額を請求日から30日以内に支払うものとします。ただし、注文書に別段の定めがある場合はこの限りではありません。

 

5.02. (4) 支払情報

お客様は、お客様の連絡先情報、請求情報及び(該当する場合は)クレジットカードの情報を最新の状態に維持します。お客様は、Allxonカスタマーサクセスチームに連絡することにより、お客様のAllxonアカウントの中にあるお客様の請求ページに変更内容を表示することができます。すべての支払債務は取消不可であり、相互の承諾を得た場合を除き、支払済みの金額は全額返金不可とします。料金はすべて、サブスクリプション期間中、前払いとします。貴殿がAllxonソリューションパートナーとして依頼人に代わって購入する場合、貴殿は、注文書について責任を負うとともにすべての料金の支払いを保証することに同意します。

 

5.02. (5) 税金

お客様は、あらゆる税金について支払義務を負い、税金を理由とした控除を一切することなく本サービスの対価をAllxonに支払います。Allxonが何らかの税金の源泉徴収又は納付の義務を負う場合、当該税金額は、お客様に請求され、お客様は当該税金額をAllxonに支払います。ただし、お客様が当該税金に関して適時に有効な免税証明書をAllxonに提出する場合はこの限りではありません。

Allxonが該当の法域における適用ある税務規則を遵守し、税務当局に従うことができるよう、お客様は、Allxonが適用法に基づき要請することのある該当の納税者識別情報をAllxonに提出します。お客様による申告に誤りがあったことに起因するあらゆる税金、利息、制裁金又は罰金については、お客様支払う責任(又はAllxonに償還する責任)を負います。

 

5.03. 期間及び終了

 

5.03. (1) 期間及び更新

お客様の当初のサブスクリプション期間は、注文書に定めるとおりとし、Allxonにおけるお客様のアカウントの下に記載されます。また、お客様の注文書に別段の指定がある場合を除き、お客様のサブスクリプションは自動更新され、更新期間はサブスクリプション期間と1年間のうち短い方とします。

5.03. (2) 更新拒絶通知

お客様の本注文書に別段の定めがある場合を除き、お客様は、お客様のサブスクリプションの更新を回避するために更新拒絶の通知を書面でAllxonに交付することができます。この通知の送付期限は、貴殿がサブスクリプションの申し込みを行うAllxonの製品及びエディションごとに異なります。

お客様は、更新しないことを決定した場合は、更新拒絶通知をAllxonカスタマーサクセスチームに送付してお客様がこれ以上の更新を希望しない旨を示すことができます。お客様のAllxonアカウントに掲載された請求詳細にアクセスすることにより、又は本条の手順に従うことにより(該当する方)、自動更新は終了します。

5.03. (3) 中途解約

お客様は、都合上、お客様のサブスクリプションの中途解除を選択することができます。ただし、Allxonは、前払いされた料金やサブスクリプションフィーの未消化分を返金しないこと、さらに、お客様はサブスクリプション期間の末日までに発生した料金のうち未払い分全額を速やかに支払うことを条件とします。サブスクリプションの解約方法については、「更新拒絶通知」の条項を参照してください。

5.03. (4) 正当な理由による解除

いずれの当事者も、サブスクリプションサービス全部又は一部に関して、以下のとおり正当な理由により本契約を解除することができます。(i) 他方当事者が重大な違反を犯した場合は、他方当事者に対して30日間の通知期間をもって通知をし、この期間の満了時点で当該違反が依然として是正されていないときは、解除すること、又は (ii) 他方当事者が破産申立て又は支払不能に関するその他の手続き、営業終了、清算、債権者のための譲渡の対象となった場合は即時に解除すること。

お客様が当社、当社の見込客又は当社の顧客に悪影響を及ぼすか又はその可能性のある方法で行為していた又は行為しているとAllxonが判断する場合も、Allxonは、30日前に通知することで正当な理由により本契約を解除することができます。

 

5.03. (5) 停止

5.03. (5) A. 禁止行為による停止

Allxonは、全部又は一部のサブスクリプションサービスに対するユーザーのアクセスを以下の理由により通知することなく停止することができます。

(i) 適用ある地域、州、連邦若しくは外国の法令、又はAllxonサービス利用規約に違反する方法でサブスクリプションサービスを利用した場合

(ii) いずれかの個人又は法人の著作権又は商標権を侵害している又は侵害したと主張される素材の投稿又はアップロードを繰り返し行った場合

Allxonは、通知することなく、お客様データ又はお客様素材を審査し、本利用規約に違反すると当社が善意で判断した場合はこれを削除することができます。ただし、Allxonは、お客様データ又はお客様素材の事前選別、管理、モニタリング又は編集を行う義務を負いません。(ただし、適用法令に別段の定めがある場合はこの限りではありません。)

 

5.03. (5) B. 支払不履行による停止

支払期限が到来した金額が支払われない場合は、Allxonはお客様にその旨を通知します。全額が支払われた場合を除き、Allxonは、サブスクリプションサービスの全部又は一部について、当該通知から10日後に貴殿のアクセス権を停止することができます。お客様が該当の手数料について合理的かつ誠実に異議を申し立て、当該異議を解決するために真摯に協力している間は、Allxonは、サブスクリプションサービスを停止しません。サブスクリプションサービスが支払不履行を理由に停止された場合は、Allxonは、サブスクリプションサービスを再開する再アクティベーション料金を請求することができます。

 

5.03. (5) C. 現存する危害による停止

以下の場合、Allxonは、電子的方法又は電話によりお客様に通知して、サブスクリプションサービスに対する全部又は一部のアクセス権を停止することがあります。

(i) サービス拒否攻撃又はその他の破壊的活動を受けている。

(ii) サービス拒否攻撃又はその他の破壊的活動に使用されている。

(iii) サブスクリプションサービスその他に対するセキュリティの脆弱性を生じさせている。

(iv) 帯域幅を過剰に消費している、又は

(v) 当社又は他者に危害を生じさせている場合、Allxonは、電子的方法又は電話によりお客様に通知して、サブスクリプションサービスに対する全部又は一部のアクセス権を停止することが可能です。

Allxonは、停止については、サブスクリプションサービスのうち影響を受けた部分に限定し、サブスクリプションサービスの停止の原因となった問題を速やかに解決すべく努力します。お客様が当社、当社の見込客又は当社の顧客に悪影響を及ぼすか又はそのような可能性のある方法で行為していた又は行為しているとAllxonが判断した場合は、上記のとおり正当な理由により解除する当社の権利は、本条の定めによる制限を受けません。

 

5.03 (5) D. 無料サービスの停止及び終了

Allxonは、通知することなくいつでも、理由を問わずその無料サービスを停止、制限又は終了することがあります。Allxonは、お客様による利用がないことを理由に無料サービスに関するお客様のサブスクリプションを終了させることができます。

 

5.03 (6) 解除又は満了の効果

お客様の有料サブスクリプションが解除されるか又は満了した場合でも、Allxonは、お客様に対するAllxonの無料サービスの提供を継続します。ただし、上記は、お客様の本サービスが正当な理由で解除された場合には適用されないことがあります。

お客様がAllxonのアカウントへのアクセス権を有する限り、お客様は、引き続き本Allxonサービス利用規約の適用を受けます。

本契約の解除又は満了をもって、お客様は、サブスクリプションサービス及びAllxonコンテンツの利用をすべて中止します。お客様が正当な理由で本契約を解除する場合、Allxonは、解除後のサブスクリプションサービスの利用を対象として前払いされたものの未消化の料金があればこれを速やかに返金します。Allxonが正当な理由で本契約を解除した場合、お客様は、サブスクリプション期間末日までに発生する未払いの料金全額を速やかに支払います。その他の料金は返金不可です。

 

6. 雑則

6.01. 適法性

お客様の唯一の責任は、すべての法令を遵守することであり、したがって、Allxonサービスを通じて、また、Allxonサービスの利用時に何らかのデータ、プログラム及びソフトウェアをアップロードするときに、第三者の知的財産権(著作権、秘密の法人取引、専有情報、企業の窓口、及び企業秘密が含まれますがこれらに限りません。)を侵害してはなりません。お客様は、種類を問わずコンピュータウィルス又はマルウェアを含むいかなるデータ、プログラム又はソフトウェアもアップロードしてはなりません。上記を行った場合は、お客様は、当該行為によって発生したすべての損害について賠償責任を負います。

 

6.02. 保証否認

本契約に明示的な定めがある場合を除き、Allxonは、(a) 明示的か、黙示的か、制定法上その他のいずれかを問わず、あらゆる種類の保証(商品性、特定目的の適合性、権原、非侵害、エラーがないこと、中断なく本サービス又は本ソフトウェアを使用できることに係る保証を含みます。)を行わず、(b) 本サービスを通じてアクセスできるコンテンツ又は情報に関するあらゆる表明を行わず、適用法により許される最大限においてこれらを明示的に否認します。

 

7. 責任の制限

 

法により禁じられる場合を除き、いかなる場合も、Allxonは、間接損害、派生的損害、偶発的損害(逸失利益を含みます。)の賠償又は懲罰的損害につ、お客様に対して一切責任を負いません。このことは、当該損害が発生する可能性をAllxonが知らされていたとしても同様とします。

Allxonサービス利用規約の他の規定にかかわらず、サービス、本サイト又は本コンテンツをお客様が利用したことに起因し又は何らかの点で関連して発生した損害又は損失に関して、Allxonがお客様に対して責任を負うと判断された場合、Allxonの責任は、いかなる場合も、以下のうちいずれか大きい方の金額を上限とします。(1) Allxonに対して最初に請求がなされた日の直前の3月間に支払われたAllxonのサービス又は機能に関する購入、サブスクリプション又は類似する料金の総額、又は (2) 100米ドル。一部の法域では、責任の制限が認められていないため、上記の制限がお客様に適用されない場合があります。

 

8. 準拠法及び裁判管轄権

 

お客様によるサービス又は本サイトへのアクセス又はその使用に関連するすべての問題(あらゆる紛争を含みます。)は、中華民国法に準拠しますが、その抵触法の規定は考慮に入れないことにお客様は同意します。お客様は、中華民国台北に人的裁判管轄権及び裁判地があること当該裁判管轄権又は裁判地に対するあらゆる異議申立ての権利を放棄することに同意します。

------------------------------------

最終更新日: 2022630

 

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit Learn More